ママンよりあなたへ…


by fuku_mama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ごぶさたw

ずいぶんと日記をさぼってしまった わるいわるーいママンです。
いつもチェックして下さっている方々・・・ガックリさせてゴメンナサイ。

東京、桜が満開です。
でも、今日は雨。 ちょっと花たちにはかわいそうかな。

今日、公園で桜の木を折って、振り回して遊んでいた女の子たちがいたので
怒ってやりました。
一人の女の子は、身軽にも桜の木にのぼって、木の上からみんなを
見下ろしていました。スナック菓子をそこらへんに食べ散らかしていたので
さらにママンはブチ切れですよ。w

まず、散らかしていたカスなど拾わせて、ゴミ箱へ。
(ほんとうは持って帰らせようと思ったくらいですわw)
そして、どこから枝を折ったのかをしっかり確認させました。
「いいかな?これから毎年、この場所を確認してみてごらん。
ここからは二度と枝ははえてこないから。この桜が生きている間
ココの傷はずっとなおらないんだよ。桜って言うのはそういう木なの。
でも毎年ココに花をつけるんだよ。
こっちきてごらん、ほら、こんな低いところにいきなり幹から花つけているよね。
これは、ここに枝があって花をつけていたのを折られちゃったあとだよ。
ここも、ここも。
こっちきてごらん、これは梅の木。もう花はないけれど
この間まできれいにさいていたよね?
こんな低いところから、上に向かって細い枝が三本も出ているでしょう?
これは前に折られたあとだよ。
梅はこうやって折られても、空に向かう力がつよいから
あとからいっぱい枝はやかす事ができるけれど
(ほんとうは、梅の実をつける時に重みが枝を通して真下にかかるように真上にのびるんだけどね。ww 梅は一つの実に対してひとつしか種をもたないので、実の完熟性がたかい。
ほとんどの花が確実に実になるような作りになっているので、枝にかかる重さが半端でない。
桃も杏もプラムもおんなじかんじ。枝は垂直に上に向かってのびようとします。)
桜はね、桃と違ってほんとうはとっても弱い木なの。
枝を折られると、そこを自分で治す事ができないのね。
ここからばい菌やシロアリが入ってしまったりすると、かんたんに枯れてしまう木なの。
来年もこの桜にいっぱい花つけてもらいたいでしょ?
枯れちゃったら寂しいでしょ?
だから、桜は大切にしてあげなくっちゃダメなの。

ほら、桜の花よーくみていると、ちいさな鳥たちがいっぱいきてるでしょ。
大きなのはヒヨドリかな。あれは蜜を飲んでいるんだよ。
あの鳥たちのお腹にはね、たまごのたまごが育っていて 蜜を一杯食べなくちゃならないの。
桜や梅の花は小鳥たちの大切なご飯なんだよ。
そしてこの花が散って、若い葉っぱがたくさんでてきて、
虫たちのたまごからたーくさんの毛虫がうまれて、うにょうにょするころに
鳥たちのおとうさん、おかあさんにひなが生まれて、
ひなはにょろにょろをおとうさんとおかあさんに食べさせてもらって大きくなっていくんだ。
この桜の木はとってもとっても大切な木なんだよ。」

なんてことをレクチャーしてやりました。
ええ、子供には「やりました」でいいんです。wwww
一生懸命聞いていた娘さんもいれば、
「なにいってんのー? このおばさん。ちょー うざ」
と鼻くそほじくってるおじょうさんもいて おもしろかったですが

「今おばちゃんのいった事は ほんとーですかー?ってさくらのきにきいてみようか?
そのとおりですよーってこたえてくれるとおもうよー。
木はね、枝をさわさわならして答えてくれるんだよ。
きいてみようか!!

桜さん そのとおりですよね! 」

といったらざわざわと枝がふれて、風もないのに桜の花びらが一斉にふってきたときは
こどもたちも びっくりして口開けたまま桜を見上げていましたさ。

「それじゃあ またね。怪我しないようにあそぶのよー」

といってその場を離れました。
桜、グッショブ。
by fuku_mama | 2007-04-03 13:25 | ママン日記