ママンよりあなたへ…


by fuku_mama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

きょうは我がりんごっこネットが誇る
日記三人娘のひとり  ワンだねえさまが
おトイレの話をしているので、下ねた女王と言われるママンも
ちっとおトイレについてかいてみようかなと思うのです。

おトイレと言えば、ワンだちゃんのいうとおり
うちの田舎のおトイレも、すごく薄暗くて
おばぁちゃんやおじいちゃんにぜーーーーったいについていってもらって
「まっててね。ぜったいにまっててね。」
といってはいり、
「いまズロースおろしたからぁー」
「いまでたからぁー」
「いまふいてるからねー」
と逐一報告して、まっていてくれているか
相手にお返事させていました。
なんでおトイレって30ワットくらいの裸電球だったんだろ。
もうちっとあかるくしてくれればあんなに怖くはなかったのに。

かくいう私もご幼少のみぎりには
ボッタントイレにスリッパ落としまくっておりました。
あるときなど、ふたを落として激しくおしかりを受けた時もありました。
あのときはじーちゃんがふたとりにいったんだっけなー。
ごめんねぇ。じーちゃん。臭い思いさせちゃって。

そうそう、ボッタントイレと言えば、忘れもしない22歳の時の
あの事件を思い出すのです。

それは、元旦那と婚約中に
鎌倉に行ったときの事。
大仏様のある公園でお手洗いにいきたくなって
公衆トイレにいったんです。
そして(笑)をして、ふと下をみたら
なんか動いたんです。

「うそ!!」

下に人がいるんです。
透明ビニールの傘かぶって。

ママンは急いででて婚約者にいいました。
「なんか下に人がいるの、見張っているから警察呼んできて。」
「えっ。うーん。そういうのはあとで、事情聴取とか受けなければならないから
かかわりたくないなぁ・・・・・」
「えー。なんかこういうタイプの変態ってゆるせなくない?」
「別にみられただけでしょ? なにされたわけでもなし。そんな事に時間さかれたくないなぁ」
「そっか。じゃ注意してくる」
くるりと婚約者に背を向けて、トイレの中に向かって
「中にいるのは分かっているんですよー。」
といったら、隣のトイレからレインコートきて長靴はいた男の人が
脱兎のごとくでて来て、公園の方に走っていきました。
香ばしい匂いをまき散らしながら…・


なんか。すごいものをみてしまったような気がして
ママンはぼーっとしていました。
その日のデートはどんなだったかその一瞬ですっかり忘れてしまった
出来事でした。
たははははははーーーー。
今日はこんなところでお休みなさーい。
by fuku_mama | 2006-01-30 02:55 | ママン日記

今日はおならのお話。

えとーえとー  この日記はふくねこっぽいけれど
お店のじゃないもんね。
いいんだもんね。

今日 ちっと夕方に
サツマイモを食べてしまって
その前にプリンを3つも食べちゃいましたのです。

そしたら
おなかがぐるぐるこぽこぽ

中でガスが移動しているではないですか。
がぽぽぽぽ

ママンはこのガスがお出ましになる時
こんな時は嫌だなー
というのを考えました。

まずその第一位が
お布団科ぶって寝ているときに出たら嫌だなー
だって直撃機受けちゃうんだもの

そして第2位が
お風呂に入っているときに出ても嫌だなー
直撃とまで行かなくてもけっこうきますし

第3位が
エレベーターに乗っているときに出たら嫌だなー
すぐ顔に出てしまうママンは隠す事がデキマッせん

っていうかママンのお尻はぷりぷりなので
音がうるさかったりして
もうバレバレ

エレベーターでぷりぷりぷりっとかやってしまうと
ふつう しゃがみこんで
「ごめんなさい」
なんていってしまったりして
あたしじゃないもんっができないんですよね

ママンとオフとか考えている人
横でぷりぷりしちゃうかもですが
そうなったら許してね


一人残して逃げないでね  げら
by fuku_mama | 2006-01-27 01:41 | ママン日記

ミルクのお土産

今日はうちのミルク先生のお話をちょっと。

ミルク先生はミルク色のチンチラという長毛の猫と雑種のあいのこなのだが、ほとんど見た目はちっと高そうな長毛の猫である。
目の回りに くまどり も生まれつき持っている生まれながらにして 先生 の風格ありあまりのにゃんこである。

彼女の薄幸な過去の話はさておいて、我が家にきてからはおそらく平和で我が道をいっているとおもっとるママンであります。
先生は我が家の猫たち・・・いや、我が家の生き物たちの自称母親で
ママン宅付近のボスで、ママン宅前の都営アパートの子供たちのアイドルである。
そしてちょっと前まではママン宅付近の犬の飼い主様より、恐れられていたにゃんこなのだ。

何故恐れられているのかって?
ミルク先生は怖いもの知らずで、自分より数倍大きな、レトリバーなんかにもかかっていく猛者なのですよ。それも不意をついて横っ腹に向かって体当たりで頭突きしていくので、大抵のわんちゃんは一瞬でパニクってキャワワンキャワワンとなるわけで。
「なんて乱暴なねこちゃんなのかしらっっ」
と犬の飼い主さんからはひんしゅく買いまくりなのですが
他の人たちへの受けがいいもので、
「えー ミルクはいい猫だよー。ぺろぺろしてくれておなか撫でさせてくれるもーん 」
と助けが入ったりするのです。
水道のメーターのおばちゃんや、東電の検診のおばちゃんにもスリスリ ふにふに♪

そんな彼女は、時々出かけた先からお土産を持って来てくれます。
それはどこかのボクがこそっと隠しておいた スーパーボールだったり
落っこちていたタオルだったり
くつした、軍手、パンの入ってたふくろに 帽子、マフラー、手袋
シャケの切り身、鯛の頭、フライドチキン・・・・・・・
季節が夏なら 蝉とかカマキリ、すずめもありです。
まんじゅうやジャムパンのときもありました。

何かお土産があるときは、「おみやげよー」と鳴きながらのご帰還となります。

今日は何か?
一瞬の緊張が走り、ドキドキしながらドアを開けるのですが
この季節はそんなに生き物のお土産はないので、ちょっとほっとしながら
ドアを開けるわけです。

そんなミルクが2日続けて手袋をお土産に持って来てくれました。
なんと一日目、右の手袋。二日目同じ柄の左の手袋
二つ合わせて使える手袋…・
この寒空に手袋のないママンに ミルク先生は手袋を取って来てくれたのです。
ちょっと感動ーーーーー

もちろんずくずくだった手袋をちゃんと洗って
いつつかおうかな・・・ってとっておくことにしました。

まさかこの四日後に東京に大雪が降るとも知らずに…
by fuku_mama | 2006-01-18 23:27 | ママン日記

メモリアル ディ

1月16日
今日はママンのお母さんの命日でした

気がついたら  ママンのお母さんは
空であり  雲であり
月であり   星空でした


つらいときも  お母さん
さみしいときも  お母さん
空を見上げて  お母さん

空はきっとママンの事を泣き虫と思っているかもしれないな

そんなママンが大人になって
お母さんになって
すっかりお母さんの歳を通り越して
おばちゃんまっしぐらです

お母さん  あなたの娘は  まっすぐに育っていますか?

こんなママンだけれど
いつかそっちに行った時
胸はって会いたいから
いつでもあなたの娘であるという事を
誇りに思って生きています。

あなたの孫は 今年22歳
車いすだけれど 親元を離れて今年独り立ちをしました

時々見に行って  おしりたたいてやってくださいね
by fuku_mama | 2006-01-17 02:59 | ママン日記

おやおやーな親指

と、いうことで
ちっとグロげな画像をアップしたママンです。

これで怪我4日目ですし、
ぱっくり傷口開いてないし、血も出てないし
ということで
こんなんですぅーとアップしてみちゃったわけなのです。

たいしたことなさそでありそうなこの傷口
なにかにぶつかると
しびれるような痛みが脳天を直撃します。

あうううぅぅぅぅ

一番ぶつかるのは おトイレに行って
おパンツをあげる時

今の時期、ただあげるだけでは
おなかがすーすーして寒いじゃないですか。

やっぱり下のシャツはオバンツ様の下に裾をしまわなくっちゃ。
それをやるときに、どうしても手の甲のあたりをおパンツ様のゴムにそって
走らせてしまうんです。
そのときにびりりりりりりりっとした あの痛みが走ります。

おわっっ  やってしまったよー。(> <)

でもこうしないとやっぱりおなかがすーすーして寒いし
かといって お隣さんに行って
「奥さん。悪いんですがおパンツあげるの手伝っていただけませんか?」
なんていえません。
絶対に、それはもう死んだって言えませんから。

ゆっくりでもいいから
そーっとそーっとシャツをおパンツの中に入れるのです。

ああ・・・・何事もなかったときのあの手のありがたきこと!!

あーんなことや、こーんなことも
なにげにこなしていたあの日・・・・・・。

早くあの日に帰りたいと  切実に思う
今日この頃なのです。
by fuku_mama | 2006-01-15 01:27 | ママン日記

ママンの初怪我

今を思えば
あれは鏡開きの日の事でございました。

「こっとしもー 3日ねかした  うまーなおしるこつくって
まってましたよ。おそなえくんっっ。」

と ららるー♪な気持ちで
うんとこらせ どっこいせと
分厚いお餅を切ったのであります。

お供えのお餅って、とってもきりにくくて
ほうちょうにお餅くっつくじゃないですか。

そんで 包丁水につけておいて   寝る前に洗ってねようかなーと
洗ってみたら、まだついてたお餅固くて
ぐわしぐわしとあらっていたら
おやゆびグワシッと力込めて切ってしまいまして
みるみる台所はまっかっかに。

えらいことになったぞっっっっ
とにかく血を止めなくちゃと   止血処理
そして肉をくつけるために 動かないように添え木を当てて
包帯ぐるぐるにしてとりあえず寝ました

でも次の日も包帯に血がにじんでいて
ううーむ    病院いかないとダメかなー

と思ったのですが

家の近所の病院・・・・・・・
昔、「メスよ輝け」とか言うテレビドラマのモデルになったとか言う
病院なんですが
前に、足の親指の巻き爪が化膿していったとき
「はい、このタオルかんでて下さいねー」
とかいわれて、麻酔無しで爪の間にハサミ入れられて
爪半分切られた事がありまして
叫び倒した事がありましたのでございます。

そんなとこにいったら
また  「はい、このタオルかんでてくださいねー」
といわれて、絶対縫われちゃうわけですよ。
推定4針は確実に縫われちゃうわけですよ。

そして多分、抜糸なんかも
あっちむいて ホイ  の勢いで抜かれちゃったりなんかして。

ね。

想像しただけでも、おそろしい。
おそろしすぎるわけでございます。

もう一つの総合病院は
いく時は救急車。と決まっているわけで。

しゃーない。ここは電波と岩塩とでなおすっきゃないのかなと。
危険な自宅治療が始まったわけなのでありました。
c0022530_2422391.jpg

c0022530_244560.jpg

c0022530_243031.jpg

by fuku_mama | 2006-01-14 22:09 | ママン日記
というわけで
今年もつつがなく  お正月も終わりました。

みなさんはちゃんと
七草がゆ食べましたか?

ママンはちゃんと食べましたが
そのままお正月を勝手に終わらせて
8日に鏡開き用のおしるこつくりました。

小僧にばらされる前に白状してしまいますが
じつはこれ。
毎年やっています。

ええ、鏡開きは11日なんです。
お供えは10日間飾るんですよね。


気が早くってごめんなさい。
でもおしるこも寝かせるとおいしくなりまして
毎年11日には激ウマーなおしるこ頂いています。
あんまりおいしくていくつも食べて太っちゃうんですが…・

ことしはちーーーっちゃなおそなえを飾ったので
ちーーーーっちゃな鏡開きで
ちーーーーっちゃくお餅を食べました。

おかげで今年に入って
2キロやせたです

やったーい♪

この勢いで今年もがんばるぞっと
by fuku_mama | 2006-01-14 00:06 | ママン日記

ママン温泉に行く

こんにちは、ママンです。

昨日ある団体さんとご一緒させていただき
お台場の 大江戸温泉物語 という温泉スパにいってきました。

もう朝から晩まで温泉三昧してきましたとです。
なかにはいるとたくさんの浴衣があって、帯とセットで貸してくれまして
なかでは皆さん浴衣なんですね。
そしてロッカーのキーにバーコードがはってあって
中での飲み食いのお支払いは
みーんなバーコードでぴっぴっぴっ
マッサージマシーンのお支払いもバーコードでぴっ

なんと便利な事よのお。

つまりお財布持ち歩かなくてオッケーなんですね。
それで気が大きくなったママンは 1580円別料金の砂湯に入ってきましたよ

砂に埋もれて15分

なんだーたったの15分かー 大した事ないじゃん
20分くらいゆっくりさせろやー  とかおもったのですが

これが思ったより あつい・・・・・
あせだくだく
係りの人が「後5分です」といったころには
あと5ふんもつのか? といったあんばいでした。

恐るべし砂湯。

上がって砂をシャワーで落として着替えていると
「ぱんつもとっていかなきゃだめですかねー?」
「プラくらいいいですよね?」
と何も知らない おぼこ娘たちが声かけて来たので

「下着は取っていった方がいいですよー。汗と砂でじやりじゃりになっちゃいますからっっ」

と答えて差し上げました。

でも終わった後は体が楽ー  砂湯いいですよー
何かの機会に見かけたら お薦めお薦めなのです

でも入る時はパンツもブラも厳禁です
by fuku_mama | 2006-01-05 22:40 | ママン日記

小僧大いに感謝しる

こんにちは
ママンです

2日から小僧が帰って来ています。
というのは・・・・・・
なんと小僧が独り立ちをして 家を出ていたりするのです。

それも12月あたまから。

それで掲示板にもあった通りの引越大掃除をしていたりしてたのです。
ほんとの意味の独り立ちをさせるならば
我が家に小僧の部屋を残しておいてはいけないなと。

そして小僧の部屋の荷物をなくして岩塩の部屋にしたわけなのです。
そんな前の家とはとんでもなくかわってしまったママンの家に
お正月帰りで帰って来た小僧ですが
「おせちつくってあるよー」
のこえに  大喜び。
「もうたべられないかとおもった。やっぱりお正月はこれじゃないとー」
「いまいるところじゃ おせちでないのかな」
「でないよ。お雑煮も出ないよ」
なんとっっ
ということで、あらかじめ作っておいたお雑煮温めて出してあげると
「うれしいー。ほんとにうれしいー。この味だよーこれじゃないとー」

ふむふむ。いまごろこの母の味が心にしみるとは。

離れてみて初めて知る  親のありがたみという奴かのう。
しっかり稼いで がんばれよ
小僧ーーーーー
by fuku_mama | 2006-01-03 22:24 | ママン日記

2006 あけましたっ

ご来場の皆様
あけましておめでとうございます。

ママンであります。
今年の1月1日は曇りで
がんばって初日の出を見に行ったのに
お日様は見られなかったでした。
残念無念。

そうそうに東京に戻って
お雑煮を作って おせちをつめて

小僧をまっててあげましょう。

な 1日でした。

しかし 去年はぎりぎりまで大忙しの大掃除でした。
もう以前のママン宅は見る影もなく
大変身させました

家具から何から最小限のものを残して
パソコンの向きも変え
新たな1年を迎えています。
by fuku_mama | 2006-01-01 00:17 | ママン日記