ママンよりあなたへ…


by fuku_mama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

どんの物語 3月27日

ボクはふわふわになりました。


ふわふわになって、目がすこーし見えるようになりました。





ボクがママンさんのところにきて3日たちました。

ママンさんは夜は8時と11時と2時と5時にボクにお水とごはんをくれます。
そして、ボクはちっちをします。

ボクの部屋はお風呂場ですが、ちっとも湿っていないのです。
みんながお風呂に入った後に、ママンさんがお風呂の水滴をきれいにふいて
ハロゲンで部屋を暖めて乾燥させてくれるんです。

みんながお風呂に入る前には、きっちりハイターで消毒。

「どんがいる限り、家のお風呂にカビが生えることはないから。
 だってカビが生えているところにどんおいておいたら、胸の中にカビが生えちゃう! ね。どん! 」

これがママンさんの口癖。

ボクはあしが痛いのと、目がよく見えないのと立ち上がるとふらふらしてしまうので
いつも箱の中にいました。

ママンさんがごはんをもってきてくれると、ボクはおぎょうぎよくおすわりします。

きょうはうんと久しぶりにうんちがでました。
ずっと食べていないからコロコロうんち。
おトイレでがんばって出したの。
そしたらママンさんとっても喜んでくれました。

そのとき、ボクはママンさんの顔を上むいてじーっと見ちゃった。
ママンさんは なあに? っていっておでこくつけてきてくれた。

ボク 見えてないからわかんなかったけど
いつもこうやってくれていたんだね。
においや肌触りでわかった。

ボク クサくてぼろぼろの病気だから、あまりさわんないほうがいいんです。

っておはなししたけど わかんないみたい。

でも、ママンさんにさらわれると元気になっていくかんじ。
なんかあたたかいかんじ。
うれしくてやさしいかんじ。

今日は いつもよりながーくお風呂に入りました。
タオルでくりくりしていたら、かたい皮膚がぽろぽろとれてきたからだって。
そしてお風呂からでたらね
もうすっかり顔のおもいのが取れてね。
こんなになったの。ひつじじゃないよ。

ボクどんです。



それで、きょうはもうひとついいことがありました。
お夕飯にね、まぐろのおさしみもらったの。

ママンさんがマグロのいいとこのアラを買ってきてくれて
なかおちを作ってくれたんだよ。

ボクね,もうすごくすごくおいしかったからおかわりしちゃった。
たべたらうれしくて、涙がぽろぽろでちゃったよ。
ボクうれしくてこんなに涙でたのはじめて。
ママンさんは あらあら っていってタオルでぬぐってくれました。
おじちゃんもおにいちゃんも、他の猫さんもみんなニコニコしてたべていたよ。

こういう生ものはおなかのなかに酵素がはいるから
元気つけるのにいいんだって。

さいきんちょっと見に来てくれるレビちゃんなんて
外でいろいろとって食べてるから、毛もつやつやで元気なんだって。
ママンさんいってた。

いろいろってなんだろう?

今日も光線治療をして夜になりました。
そういえば、からだのじゅくじゅくのクサイのが出なくなって
あとは手足の穴だけになりました。
かいいのもなくなって、ボクはずいぶんと楽になりました。

タオルが汚れるのもちょっとになって、よく眠れるようになりました。
c0022530_12444437.jpg

by fuku_mama | 2010-04-08 12:45 | ママン日記